むくみと肥満の違いとは

むくみと肥満の違いとは

むくみと肥満の違いとは

水を飲みすぎて太っているから、あまり水を飲まないようにした
という話を聞いたことがあり、疑問を感じました。

実際は、水を飲みすぎて太ったのではなく、
体内の水分調整がうまくいかず慢性的にむくんでいたと考えられます。

水太りだと言って、水を飲まないようにしてしまうと、
体内に老廃物が蓄積してますますむくみが酷くなりますし、
本当に太ってしまうことも考えられます。

水を飲みすぎて太ったと思い込む場合、一気飲みをしていた可能性があります。
コンスタントに水分を摂り続けることが大事で、いっぺんに沢山飲んでは意味が無いのです。

肥満の場合、脂肪がついて簡単には落ちませんよね。
むくみの場合は、体内の水分量のバランスが崩れているので、調節がうまくいけば改善されます。

むくんでいる場合は、疲労感で脚がだるかったりとなんらかの不調を感じることがあります。
同じ姿勢を取り続けてむくんだ場合は、
ストレッチをしたり、姿勢を変えたりすると改善されます。

むくみやすい場合は、腎臓の病気も疑います。腎臓は、体の毒素を排出する臓器です。
腎臓がうまく機能していないと、体内の老廃物がうまく処理されず、むくみの原因になります。
腎臓は、他にも体液の料のバランスを取ったり、血液を調節する働きを持っています。

お酒の飲みすぎは肝臓だけではなく、腎臓にも負担がかかります。
しじみに含まれるオルニチンを摂取するようにすると腎臓の働きを助けます。
毎日しじみを摂取できない場合は、オルニチンのサプリメントを摂取すると良いでしょう。