メリロートの効果・効能

メリロートの効果・効能

メリロートの効果・効能

メリロートとは、マメ科のハーブです。古くから、薬として使われています。
メリロートには、『クマリン』、『ケルセチン』、『サポニン』の有効成分が含まれています。

クマリンは、血液がドロドロになったり固まるのを防ぎ、
リンパや血液の流れをスムーズにする働きがあります。

ケルセチンは、コレステロールの抑制、糖尿病予防、高血圧の防止効果があります。

サポニンには、ガンや肥満防止効果があります。

中でもクマリンには、手足のむくみを解消する効果もあります。
血液の流れが悪くなると手足に水分が蓄積してむくんだ状態になります。
ですから、メリロートを摂取することで血流が良くなり、むくみにも効果的なんです。

もちろん、立ち仕事やデスクワークで毎日手足がむくんでツラい女性は、
休憩時間に伸びをしたり、軽くストレッチをすると良いでしょう。
その上で、メリロートを飲めば、効果は現れやすいです。

ただ、メリロートは、現在はサプリメントですから、
病気の予防のために飲むことはできても、病気を治すことはできません。

また、一般的にサプリメントには主成分以外にも添加物が入っているので、
決められた量以上を飲んでしまうと、肝臓に負担がかかります。

肝臓の機能が低下すると、むくみの原因になりますので、
メリロートのサプリメントを飲む場合、決められた量を守り、
飲み過ぎないように気をつけましょう。