カリウムの効果・効能

カリウムの効果・効能

カリウムの効果・効能

手足がパンパンに張る場合、カリウム不足も心配されます。
カリウムは、多くの食品に含まれています。

カリウムは、体内の塩分を吸着して尿にしてくれますので、
塩分の摂り過ぎが心配な方にも多く摂って欲しい成分で
むくみ解消の他に、高血圧の予防にもつながります。

主に、納豆、アボカド、海藻類、りんご、いちご、キウイ、バナナ、ブロッコリー、枝豆、芋類などにも多く含まれています。

1日のカリウムの摂取量の目安は、3500mgなのに対し、
アボカド1個に1000mg、バナナ1本に390mg程度含まれています。

カリウムを積極的に摂取して、適度な運動や十分な睡眠を心がけると良いでしょう。
カリウムは、規則正しい食生活をしていれば、十分に摂取できる栄養素です。

しかし、一人暮らしで栄養が偏るなど
適量のカリウムを摂取できない場合は、カリウム配合のサプリメントをお勧めします。

他にも、クロレラや青汁などを飲んでも良いでしょう。
カリウムのサプリメントは、塩分の過剰摂取が気になる方や、
むくみでお悩みの方が飲んでいます。

カリウムのサプリメントを飲んでいる方のクチコミでは、
朝の顔のむくみが取れ、夕方の脚のむくみも気にならなくなったそうです。

疲労感も減るようなので、カリウム不足から来るむくみにはとても効果があります。
しかし、むくみの原因は様々なので、
自分のむくみの原因に応じた対処をすることが重要です。