改善したほうが良いむくみとは

改善したほうが良いむくみとは

改善したほうが良いむくみとは

むくみの出る病気としては、いくつかあって
肝臓病、妊娠中毒、腎臓病、心臓病、血管やリンパ管の障害、脚気、貧血等があります。

いつまでもむくんでいるなど、明らかにいつものむくみと違う場合は、
病院で診てもらったほうが良いです。

長時間同じ姿勢を取っているような職業の場合、
休憩時間や帰宅後に軽くストレッチしたりすることがお勧めです。

体の冷えからむくみが出る場合は、熱すぎないお風呂に長めに入って、
血行促進することや適度な運動もお勧めです。

水分補給ですが、少なくても多すぎてもむくみの原因になります。
一気飲みはせず、こまめに水分を摂取するように心がけます。
水分が不足すると、体に老廃物が蓄積しやすくなりますので要注意です。

運動不足も、むくみの原因になります。デスクワークなどでも、
毎日歩いたりストレッチをしたりと、体を動かす工夫をしたいものです。

ふくらはぎの筋力低下や老齢でもむくみが出ます。
毎日、歩くようにして筋力を維持して健康に過ごすように心がければ、
むくみも減少するでしょう。

体温調節不足もむくみの原因になります。
洋服は、厚いものではなく重ね着を心がけてまめに着脱するようにしましょう。

また、自律神経が乱れると体温調節がうまくいかなくなるので、
規則正しい生活を心がけましょう。

ホルモンバランス異常もむくみの原因になります。
骨格の歪みも、むくみの原因になります。
いつも、姿勢をよくするように心がけましょう。

姿勢が悪いと骨格が歪んで腰痛などの原因にもなります。
他にも、アルコールの摂り過ぎやきつすぎる下着や靴下を着用する、
というのも寝不足もむくみの原因になります。

これらのむくみの原因は、簡単に予防できるものもありますので、
改善していくと良いでしょう。