むくみの原因

むくみの原因

むくみの原因

むくみの原因には、一過性のむくみと病気によるむくみがあります。
一過性のむくみの場合、放置しても徐々に取れます。
しかし、人に会う前にむくんでいるとかなりショックですよね。

むくみと言えば、朝、顔がパンパンに膨らんでいることがあります。
前日、仕事で遅くなって疲れが取れていなかったり、
お酒をたくさん飲んで寝たらむくんでいたなどの経験は誰でもあるかと思います。

また、朝は、スルッと履けたはずのパンプスが夕方になるとキツキツになっていることがあります。
夕方や夜になるとむくんでくるんですね。このむくみは、なぜ起こるのでしょうか。

夕方や夜になるとむくんでくるのは、立ったまま、あるいは座ったままなど、
ずっと同じ姿勢で仕事をすることにより疲労でむくみます。

同じ姿勢を取り続けなくてもむくんでいるのは、
塩分の摂り過ぎ、水分の摂り過ぎ、寝不足等でむくみます。

女性の場合は、妊娠中や産後にむくむことがあります。
妊娠中のむくみは、人によっては、いつもの靴が全然入らない程、ひどくむくむこともあります。
このような一過性のむくみの場合、原因が取り除かれればむくみは引きます。

しかし、いつものむくみではなく、なにか内臓疾患などの病気からむくむ場合もあります。
むくむ症状がでる病気には、心臓や 肝臓、腎臓等の疾患がある場合もあります。