一過性のむくみとは

一過性のむくみとは

一過性のむくみとは

朝起きて鏡を見ると、顔がパンパンになっていた経験はありませんか?
朝、起きて1〜2時間程度むくむのは、病気などではなく、誰にでも起こる症状です。

体内の水分調整がうまくできていないと顔や体がむくみます。
しかし、1〜2時間でむくみが取れる場合は、病気などの心配はありません。
リンパの流れがスムーズに行かないと、むくみが起こります。

このリンパの流れは、ストレスや寒さ、疲れなどで
滞りますのでちょっとした体調の変化で体がむくむのです。
むくみを感じたら、足を少し高くして十分な睡眠を取るのが重要です。

血液は体内をおよそ40秒でめぐりますが、リンパは体を1周するのに12時間もかかります。
リンパは、主に脚の収縮によって流れますので
適度な運動と体を横にして眠ることはとても重要です。

確かに、乗り物で移動中に眠っても脚がむくんでしまいますね。
慢性的にむくみが出る方は注意が必要です。

忙しくて寝不足でむくみが出る場合、生活習慣を改善することでむくみは改善されるでしょう。
しかし、同じような生活を継続した場合、生活習慣病になる可能性もはらんでいます。
たかがむくみと軽視せずに、睡眠時間や食生活など自分の生活習慣を見直すと良いでしょう。